結核症 tuberculosis





病理組織学的特徴
 結核菌によって引き起こされる伝染性の慢性肉芽腫性疾患.
通常は肺が侵されるが,体内の他のどの器官や組織も侵され得る.典型的なも
のでは肉芽腫の中心部は乾酪壊死に陥っている.
 組織学的に活動性病巣は特徴的な肉芽腫性炎症反応を生じ,乾酪化あるいは
非乾酪化結節を形成する.個々の結節は顕微鏡レベルの大きさであるが,多数
の肉芽腫が融合した時にのみ肉眼的に見えるようになる.肉芽腫は通常,リン
パ球浸潤を含む線維芽細胞性の壁で取り囲まれている.多核巨細胞が肉芽腫内
に出現する.