粘瘤嚢胞 mucous cyst






疾患概念・好発部位・発生年齢
 ・唾液粘液の貯留による嚢胞で,粘液停滞嚢胞とも呼ばれる.
 ・本症の発生は導管の持続的な閉塞と破損による唾液の流出が主な原因で,
 外傷に続発して起こることが多い.
 ・好発部位は下口唇(粘液瘤 mucocele),頬粘膜,口底(ガマ腫 ranula),
 舌下面,舌尖(Blandin-Nuhn嚢胞)である.
 ・嚢胞の形成が表在性のときは,半球状に膨隆し内容液は青白く透けて見え
 破れやすいが,内容液の流出後再び貯留して大きくなることもある.

病理組織学的特徴
 ・嚢胞は結合組織内にあり,嚢胞壁は上皮に被われることはなく,線維性結合
 組織よりなる(溢出型).
 ・嚢胞腔はときに拡張した導管上皮によって被われる(貯留型).
 ・嚢胞壁は肉芽組織からなり,一部が導管上皮と連続することもある.
 ・内腔には泡沫状のマクロファージなどの炎症性細胞を入れた唾液が貯留する
 が,唾液粘液は嚢胞壁の結合組織間にも滲み出したような形で存在する.
 ・嚢胞腔があまり大きくなく,結合組織と唾液粘液が混在し,粘液肉芽腫の
 形成が主体を成すこともある.