エプーリス epulis




疾患概念・好発部位・発生年齢
 ・エプーリスは歯肉部に生ずる限局性腫瘤状病変をさす臨床的名称である.
 ・本態は局所的刺激や全身性因子で起こる歯肉,歯根膜,外骨膜などの炎症性
 ないし反応性増殖であって,非腫瘍性の増殖である.
 ・20〜30歳代の人の唇側,頬側歯肉に好発し,女性にやや多い.

病理組織学的特徴
 *肉芽腫性エプーリス(上写真)
  炎症性肉芽組織からなるもので,エプーリスの中では線維性エプーリスと
 ともに最も多い型である.
 *線維性エプーリス
  多くは肉芽腫性の炎症が消退し,線維の増生が起こって生ずるもので,
 炎症性細胞浸潤は血管周囲性に見られる程度となる.
  ・義歯性エプーリス
    義歯床縁にその機械的刺激で生ずる線維性エプーリスの一種で,
   義歯性線維腫denture fibromaともいわれる.
  ・骨形成性エプーリス(セメント質形成性エプーリス)
    線維性ないし線維腫性エプーリスのなかに骨組織ないしセメント質の形成を
   みるものである.
 *線維腫性エプーリス
  線維性エプーリスに比較して線維組織の増生が著明で,膠原線維は量が多く,
 成熟して太く規則的に配列し,炎症性細胞浸潤はほとんど欠如する.
 *血管腫性エプーリス
  毛細血管の拡張や増生が特に目立ち,血管腫様になるものである.
  ・妊娠性エプーリス
   妊娠腫(pregnancy tumor)ともいい,水腫性で線維増生とともに血管拡張が
  目立つ像を示す.
 *巨細胞性エプーリス
  周辺性巨細胞(修復)性肉芽腫(peripheral giant cell (reperative) granuloma)
 ともいわれ,巨細胞の豊富な出現を伴った肉芽腫性病変で,出血やヘモグロビン
 沈着を見ることもある.