エナメル上皮腫:ameloblastoma






疾患概念・好発部位・発生年齢
・歯原性腫瘍の中で最も頻度が高く,原則として良性である.
・比較的若い大人に発生し,大部分下顎大臼歯部に発生する.

病理組織学的特徴
・腫瘍胞巣の外側に並列する細胞は高円柱状でエナメル上皮に類似し,内側
に疎に配列する小型の星芒状の細胞は歯杯の網状層のそれに類似し,胞巣
中央が融解して小嚢胞を形成しやすい(濾胞型:follicular type).
叢状型:plexiform type
 上皮が索状に並び,外側の細胞が立方状から高円柱状をなす.間質は浮腫
状で間質嚢胞を形成する.
基底細胞型:basal cell type,角化を伴う有棘細胞型:acanthomatous type
(写真),好酸性細顆粒状の胞体からなる顆粒細胞型:granular cell typeがある.